決まったら考えるよ。

思いついたことそのまま書く。髭剃り、読書、仕事、考えたこと、調べたことを備忘録代わりに。慶應通信で大学生もやっています。

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね? (きこ書房) デイル・ドーデン 野津智子 訳(2001) 雑なあらすじ 冴えないけれどそこそこ優秀なサラリーマンが主人公 マックスと出会い、話し、仕事への想いが変化していく 「試すこと、試し続けること」の重要さ。 雑な感想 よくある導入…

200記事達成を終え、半端になっていた棚卸の続き。

前回、200記事を達成したという記事を投稿した。それがこちら。 www.siuso.online 棚卸というよりも、「200記事達成しましたフハハハハハ!!」というレベルで何も棚卸していない。このままでは先を見据えた行動もとりにくい…という訳でもう少し突っ込…

慶應通信、スクーリングの持ち物 その2

前回、スクーリングにあたり持って行った方が良いよ的なリストを作成した。それがこちらの記事。 www.siuso.online 端的にかいつまんでこの記事の内容を書けば、 教科書群 筆記用具 クリアファイル 上着 モバイルバッテリー と、このあたり。 今年のⅠ期に参…

Dead Cells Play #1(いわゆる死にゲー)

慶應通信夏のスクーリングも終わり、仕事も適当なとこで休みを取り、自分へのご褒美じゃないけどゲームを一本買いました。 Dead Cells (輸入版:北米) - PS4出版社/メーカー: Gamequest発売日: 2018/08/21メディア: Video Gameこの商品を含むブログを見る 睡…

会計天国

会計天国 (PHP文庫) 竹内謙礼 青木寿幸(2013) 雑なあらすじ 死んだ主人公が「現世復活権」をかけ、会計を通じて5人を幸せにする。 出てくる「経営者」がお粗末過ぎてわざとらしいが、難し過ぎず、簡単過ぎず。 結末は「やっぱりな」だけど、「にやっ」とす…

慶應通信、今年のスクーリングを終えて

今年はⅠ期だけの参加だった為、僕の今年の夏スクは終わった。いつもはⅠ期、Ⅱ期と参加していた為、帰りの新幹線では「あれ?もう終わった?」とか「なんか物足りねぇ」なんて感情が少なくない部分を占めていた。それでもやっぱり普段慣れない緊張感の中で授業…

仕事が速い人はどんなメールを書いているのか

仕事が速い人はどんなメールを書いているのか 平野友朗(2017) 雑なあらすじ メール処理は意外に時間を取るので効率化しよう。 メールはすぐ返せ。貯めるな。 テンプレ使おう。細かいことにこだわりすぎるな。最低限で良い。 雑なあらすじ 雑な感想 これや…

なんやかんや200記事達成したの巻

なんでブログ書いてるんだっけ。なんでブログ続けてるんだっけ。たまにそんなことをふと思う。で、毎回…「ようわからんな」と思いながらとりあえずブログを書くという生活を続けて早5か月。先日の100記事達成からまたひとつ、新しい区切りである200記…

慶應通信、スクーリングの風景 その2

なんかちょっとウケが良さそうだとついつい続編が書きたくなる。前回の記事はこちら。 www.siuso.online 食堂の話だけちょっと熱が入ってしまった。これはこれで今日写真を撮影してきたので、「今度スクーリング行くんだー。でも食堂どんなとこなんだろー、…

人生の教養が身につく名言集

人生の教養が身につく名言集―――「図太く」「賢く」「面白く」 出口治明(2016) 雑なあらすじ 言葉ひとつで人生は変わったりなんかしない。 でも、「知っている」ことで教養になり、厚みが出る。 聞いたことある言葉が、著者のフィルタを通して読みやすい 雑な…

Sponsered