決まったら考えるよ。

思いついたことそのまま書く。髭剃り、読書、仕事、考えたこと、調べたことを備忘録代わりに。慶應通信で大学生もやっています。

大学生になった

僕は高卒だ。

大学は3年の後期まで通ったけれど、父が他界。

学費なんて誰も払ってくれなかったから退学した。

そしてそのまま就職。

そのあとはまぁ、いろいろあったけれど、

当時付き合っていた彼女と結婚して、今に至る。

 

社会人になってもう12年くらいだろうか。

僕が働くこの業界は、学歴なんてクソ食らえ!な、業界だ。

「だからこそ」だろうけども、

高卒であるという自分の学歴に後悔したことがない。

現場を必死に走り回って、

家族とともに生きるための食い扶持を必死で稼ぎ、

なんとなく日々の平穏に幸せに似た感情を覚えながら過ごした。

 

そしていつか「若者世代」と言われなくなって、

机に向かって仕事をする時間が増え、

全盛期は8つに割れていた腹筋もぼやけ始めた今日この頃。

 

大学生になった。

 

もちろん、会社に通いながら、という状態であるため通学生ではないが。

 

ちなみに今は2週間強の有給休暇をもらい、夏季集中講座に参加している。

 

不思議なもんだ。

過去に不合格になった大学に再入学することになるとはw

Sponsered