決まったら考えるよ。

思いついたことそのまま書く。髭剃り、読書、仕事、考えたこと、調べたことを備忘録代わりに。慶應通信で大学生もやっています。

Ctrl2CapのせいでCapsLockが解除出来なくなって焦った話。

f:id:siuso:20180819082506p:plain
HHKB(Happy Hacking Keyboard)

 どうやら僕はHHKB(Happy Hacking Keyboard)の虜になってしまったらしい。職場用のものをもうひとつ買うべきかどうか、本当に悩んでいる。普段は大嫌いで、でもひたすら返信を打たねば仕事が進まぬメールの返信が少しでも楽しくなるのであれば仕事の能率も上がるのではないだろうか、そして生産性の向上さえも狙えるのではないか、と毎日考えている。しかし高い。そして会社の僕のデスクトップにはBluetoothアダプタが存在しない(この時代になんてくそったれなPCなんだ)、さらにはExcel使用頻度の高さからくるテンキーやページ移動関連のキー不在が重くのしかかる。

www.siuso.online

www.siuso.online

全くうまくいかない。だがいつか使う日の時の為に、CapsLockをCtrlキーへと変換し、特殊配置に少しでも早く慣れるよう努力している。

 今日の記事はそんなささやかな努力と徳を積む僕に降りかかった「CapsLock解除出来ねぇワロタwwwwww」事件と、その解決方法を備忘録として記しておく。



スポンサーリンク


はじまりは突然に

いつもの職場。いつもの打ち合わせ。ただひとついつもと違ったのは、

「プロジェクターで会議室のPCから自分のPCへログインし、リモートで自分のPC上で作業をしていた。」

ということ。上席が何人かいたが、リアルタイムである案件の試算を行いながらの打ち合わせだったので画面はExcelの帳票。操作は僕が会議室のPCで。そして事件は起こる。

何かの動作の表紙でCtrlが押下されっぱなし状態に

しかもExcelで計算式を作成しながらのタイミングでその症状に陥ったので本当に大変だった。暴走するカーソル、破壊されてく数式、渇いた目で投影された画像を眺める上席、無駄に焦るよんごうき。

 焦りながら操作を続けるウチにどうやら旧CapsLockキーを押すとCtrl押しっぱなしフラグが立つことがわかったので、その場は旧CapsLockのCtrlを使用しない方法で切り抜けた。そして心に立つさざ波。

「やべぇこれ何か起こってる」


効かないCapsLockキー

 そして自席に戻り、恐る恐る「T」キーを打鍵してみると…見事に大文字のTが表示された。ほう。見間違いではなさそうだ。Shiftキーを押下しながらTを打鍵すると表示されたのは「t」、これは間違いなくCapsLockがかかっておる。しかし、キーボード右上に配置されたLEDランプは消灯しており、「オレ、CapsLockなんかかかってないよ?」みたいな顔をしておる。そして無駄だとはわかっているが、ShiftキーをCapsLockキーを同時に押下してみる。うむ。何もおこらず。やべぇこれCtrl2Capsのせいやん!!


Ctrl2Capの弊害

Ctrl2Capというソフトは、既存CapsLockキーをCtrlキーへと変更するソフトウェアである。

www.siuso.online

こいつのおかげで1ヶ月に1度、数秒イライラするCapsLock誤打鍵がなくなるという点、いつか職場でHHKB(Happy Hacking Keyboard)を使う時の為の修行という2点から職場の僕のPCにこっそり導入されている。しかし今回の事件はコイツのせいで発生している模様。そして発生した状況としては…

Ctrl2Capを導入していないパソコン(PC①)からCtrl2Capを導入したパソコン(PC②)をリモート操作する場合、PC①のCapsLock(PC②上でCtrlと認識されるキー)を押下することにより、PC①上でCtrlキーが押下されっぱなしの状態になる

というもの。そしてPC①上でこの状態になった場合はCapsLockキーを押下することによってCtrl押下されっぱなしの状態は解除される。が、PC②上ではなぜか「CapsLockキーが押下されっぱなし」という状態になる為、会議室PCのリモートを解除して自席PCにいるよんごうきと、Crtl2CapによってCapsLockキーの存在を消されたPC②

詰んだ(゚⊿゚)


ソフトウェアキーボードは無いのか!

しかしここでふと思いつく。ソフトウェアキーボードがあるはず!

ということで「Windows10 ソフトウェアキーボード」でググって5秒で解決。

f:id:siuso:20180925070834p:plain

あるやん、ここに(・∀・)


そして訪れた平穏

 そしてそのソフトウェアキーボードからCapsLockを解除し、無事に通常入力モードへ遷移。今思えば再起動すれば直ったんじゃないか?とは思うが、人間慌てると何を考えるか全くもってわからんもんである。まぁ、解決したからいいか。「CapsLock 効きっぱなし」「CapsLock 解除できない」とかそんなワードでここにいつか誰かが辿り着いて、何かの助けにならんことを。

 リモートで作業するときはCtrl2Capを切っておくんだぞ!切れなかったらソフトウェアキーボードの出し方覚えておこうな!マジでテンパるぞ!w

 あとちなみにHHKBであればFnキーを押下しながらTabキーを押すことでCapsLockが発動できる。まさか…HHKB製作者はこの可能性を見越していた…?


「テンパらない」技術 (PHP文庫)

「テンパらない」技術 (PHP文庫)

テンパるンバ

テンパるンバ

Sponsered