決まったら考えるよ。

思いついたことそのまま書く。髭剃り、読書、仕事、考えたこと、調べたことを備忘録代わりに。慶應通信で大学生もやっています。

HHKB、チャタリング対策の終結点。

f:id:siuso:20191012203003p:plain


 職場でのHappy Hacking Keyboard(以下「HHKB」)導入は、つまらないメール返信すら崇高な業務のような気にさせてくれた。そしてそのあまりに心地よい打鍵感から「何か!何かタイピングをする為の仕事は無いのか!」などとムラムラするハメになり、PDFスキャンデータしか残っていなかった某系統テナント向け定期建物賃貸借契約書のひな型をwordに打ち起こすという素晴らしくアホな偉業を達成する超偉大な手助けとなった。その契約書、1万字弱の非常につまらない文章であった。

 しかし、その素晴らしい打鍵感、打鍵音で軽いトランス状態に突入した僕を一気に現実に引き戻すのが…チャタリンgggggggggggggggggggggggggggggggg

チャタリングである。


www.siuso.online


 僕の持っているHHKBはBT接続タイプ。いわゆるHappy Hacking Keyboard Professional BTってやつだ。コイツを購入してからずーーーーーーっと同じ症状で何をやってもダメなので、せめてBluetooth接続機器を減らすことで何とかできないかと努力をしてみたのだが、やっぱりダメだった。

 しかしこの度。そのチャタリング対策として完全・完璧なモノに行き着いた。


Bluetoothのせいなら、Bluetoothを辞めればいいじゃない。」


「ケーキを食べればいいじゃない」(ケーキをたべればいいじゃない)とは、フランス語の語句 Qu'ils mangent de la brioche!(「ブリオッシュを食べればいいじゃない」の意)を踏まえた英語の慣用句 Let them eat cake を日本語に訳したもので、農民が主食として食べるパンに事欠いていることを知った「あるたいへんに身分の高い女性」(une grande princesse) マリー・アントワネットが言った台詞とされている。ただし、これはマリー・アントワネット自身の言葉ではないことが判明している。



スポンサーリンク


考え抜いた挙句の結論

 当然、金銭的に余裕など無い。ましてやHHKBはキーボードというには高すぎる。「このキーボード30,000円近くするんだぜフォヌカポゥ」などと職場でのたまおうものなら、その時点で一生モノの渾名として「鍵盤基地外」「カタカタ魔人」良くて「キーボード変態」を拝命することになる。だからそうやすやすとラーメンの替え玉宜しく追加購入なんぞ出来ぬのである。だがHHKB BTをこの職場で使い続ける限り、チャタリングと戦い続けるハメになる。ブッダの苦行スイッチが入っていたとしても助走してキーボードを投げ捨てたくなるくらいの頻度で。



※最近ハマってた


で、解決をする為にはこのキーボードをBTで接続しないでなんとかするという手法しか残されていない訳だが、HHKB BTは有線接続には対応していない。いや、厳密にいえば有線接続は出来るのだが、これはあくまでも電源供給のみでBT接続を解除して有線で入力が出来るという仕様ではない。そう。だからもうここからはHHKB BTを改造して有線化するしか無いのである…!


HHKB の有線化


 そんなこと出来るのかどうかはよくわからなかったが、とりあえず適当な検索ワードで調べてみると…


www.respect-pal.jp


あ、なんかめっちゃ面倒で難しそう。すげぇ楽しそうだけど4時間かかるとかちょっと鬼だな。(ちなみにその4時間は静音化作業も含まれている)休日にどうしてもやることがなくて金が余ってたら視野に入るかもしれない。もしこの作業に興味が出た方がいらっしゃったら、「HHKB 有線化」とか「Alternative Controller for HHKB」で検索すると幸せになれるかもです。

 これはアレだ。不器用代表で今まで生きてきた僕が手を出して良い分野の作業ではない気がする。エンジニアの方々向けというイメージが強い。つーかこれ作ってるの個人かよ!恐ろしい…マニュアルなんて無さそうだ…絶対僕には無理だ。という訳で断念。


迷える子羊に降りた天啓

電子工作的なものは不可能なので、もうやっぱりこのクソ高いキーボードをもう1枚買うしかない。幸い、有線タイプのHHKBはHHKB BTから比較すると20%ほどお安い。といっても24千円ほどするので「クソ高い」から「バカ高い」くらいのランクダウンしかしないが。となるともう、お金を貯めて買うしか選択肢が残されないことになる。生産性を高める為に購入し、フルサイズキーボードからも卒業して慣れ親しんだHHKBが…まさかチャタリングという悪魔の所業によって生産性を下げる要因として僕の前に現れるとは。あぁでも新品買うのにお金貯めるとかそう安いもんじゃないんだからまたずいぶん時間がかかる…ということはずいぶんと長い時間チャタリングと戦わねばならないじゃないか…なんて思っていたらつけっぱなしにしていたTVから天啓が。

「メルカリ♪」

そして購入へ…

https://www.mercari.com/jp/

 そうだよ。中古で良いんだよ。キーボードなんだからキートップ綺麗にしたら大抵どうってことないし。(※いやもちろん色々な考え方があるので『嫌だ!』って人は世の中にたくさんいると思うけど)という訳でメルカリをiPhoneにインストールし、HHKBをお気に入り検索に登録。情報の更新がある度にプッシュ通知が届くように設定を済ませる。予算は15千円前後。使用感は「見た感じそれほど汚くない感じで、非喫煙者・ペット飼育者」という前提条件。色は…白も良いけど白はもう持ってるから黒。で、ただひたすら出物を待つ。出物はあるが金額が…とか、使用感が…色が…箱無しか…とか散々っぱら迷ったり買いそびれたりしたので、HHKBをお気に入り検索に設定してから実に1カ月以上迷った。結局。で、購入。13千円で黒、2014年製のそこそこ綺麗なヤツ。

 買った後テンションが上がってしまったので赤と青のワンポイントキートップAmazonで買ってやった。で、写真撮ってやった。どや。

f:id:siuso:20191012203509p:plain


結論

f:id:siuso:20191012203602p:plain

 有線接続のHHKBは素晴らしかった。職場でのタイピングで1時間に1回、ひどいときは数回喰らっていたチャタリングが無いだけでこれほどまで快適になるとは。というかまたただのメール返信ですら崇高な業務なような気がするくらい楽しくなってきた。しかも赤と青のワンポイントキートップがめっちゃカッコイイ。ベタだけどめっちゃカッコイイ。めっちゃ所有欲満たされる。有線にして本当に正解だった。

 これでHHKB BTは職場で必要がなくなった訳だけど…こいつは家でSurface Proの相方専用機として使うことにしよう。Bluetooth機器がそこまで多くない我が家、しかも僕の書斎であればそこまでチャタリングすることもあるまいて。Surface Proのキーボードはペラッペラでバインバインとしたリアクションがなんか苦手だったので丁度良い。慶應通信のレポート書いたりブログ更新したり、文字数をタイプする用事は尽きないかrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr

家でもチャタリングからは逃げられないようである。頻度は少ないからもう諦めるけどさ。もう一台買うか。お金持ちになったら( ´Д`)=3

PFU キーボード Happy Hacking Keyboard Professional JP Type-S 日本語配列/白 PD-KB420WS

PFU キーボード Happy Hacking Keyboard Professional JP Type-S 日本語配列/白 PD-KB420WS