決まったら考えるよ。

思いついたことそのまま書く。髭剃り、読書、仕事、考えたこと、調べたことを備忘録代わりに。慶應通信で大学生もやっています。

宅建試験合格~宅地建物取引士まで

f:id:siuso:20200322210110j:plain


 宅建を受けるような方々であれば、基本的に宅地建物取引士試験に合格した後、宅地建物取引士を名乗るまでどれだけ面倒臭いかは認識されている方が多いとは思う。実際に今回、宅地建物取引士として僕自身、士証の交付を受けるまで結構な手間と時間がかかったので、「愛知県で宅地建物取引士として、宅地建物取引士証を受け取るまで」の記録を残しておく。



スポンサーリンク


宅地建物取引士、士証交付までの流れ

  1. 試験合格
  2. 登録実務講習受講
  3. 資格登録申請
  4. 士証交付申請
  5. ゴール!

 手順だけ書くとこんな感じ。別に書類仕事が多いだけでそんな手間じゃないんじゃないの?という見た目ではある。だが、これが面倒なんだよ…。住民票やら身分証明書やら、登記されていないことの証明やら…。


1. 試験合格

これは主旨がズレるので大きく取り扱わないけれど、だいたい7月上旬頃、試験申し込みが開始となる。で、10月下旬に試験を受けて、12月上旬に結果発表というイメージ。直前までビジネス実務法務の勉強をしてたこともあったので、僕は7月1日に試験を申し込んだ日から宅建の勉強を始めた。教科書通読~過去問~過去問~過去問~過去問~想定問題集~過去問くらいの流れだったかなぁ。合格発表は12月4日だった。

イベント 時期
試験申し込み 7月上旬
試験 10月下旬
合格発表 12月上旬


2. 登録実務講習

 試験合格発表前後になると、「登録実務講習」のお誘いが色々な予備校からかかることになる。(とはいえ、宅建業の実務経験が2年以上あるのであればこの講習を受ける必要が無い)気の早いところだと試験終了後~2週間程度からもう1月上旬の登録実務講習が申し込めたりする。だけどこれが平日2日間!とか、土日2日間!てなスケジュールのスクーリングなので、意外と面倒。僕は1月13日、1月20日の2週間で2日やるコースを選びました。ここも最終日に試験があって、その結果が出るまでちょっと時間がかかる。10日間くらいだったかな?登録実務講習修了証が届いたのは1月31日の午後でした。あ、あと20千円くらいかかる。高いよ!もう。

イベント 時期
登録実務講習 1月中旬
講習修了証到着 1月下旬

あと20,000円。高いなぁ。


3. 資格登録申請

 登録実務講習の修了証が届いたら、いよいよ今度は資格登録へ。宅建の勉強でよく出てくるけど、「試験を受けた県で登録」となる訳なので、県のHPを覗きに行きましょう。「愛知県 宅建 登録」とか適当なワードで検索すれば県のHPに行き着くはずです。で、ここで色々と書類が必要になりまして…。

  • 合格証明(これは合格したら書留で送り付けられる)
  • (市区町村発行の)身分証明書
  • 登記されていないことの証明
  • 住民票
  • 顔写真(3.0cm * 2.4cm)
  • 登録実務講習修了証

と、いったあたり。(詳しくは該当の県のHPを)書類集めは登録実務講習修了証が届く前に開始しても問題無いけれど、「発行から3カ月以内」という縛りがあるので、「試験終わったぜ多分受かってるし多分登録実務講習も最速だから住民票先にとっとこうヒャッハー!」とかのタイミングでやると期限切れになるかもしれません。そんな人は居ないでしょうがw

 で、書類集めが終わって、申請書の記入が終わったら県庁に申請に行きます。愛知県はHPが優秀だったので、しっかり読んで申請書を作成すれば苦戦するようなポイントはありません。窓口でも「あ、おっけー(・∀・)」てな感じで5分もかからず受領してくれました。ちなみに窓口に書類を出すまでに証紙が37千円必要だったりするので忘れないように。

 書類、証紙のチェックが終わると受付の方が士証交付申請の手順を説明してくれます。愛知県では申請書を出してから「30日間」で登録が完了して、登録完了のお知らせが家にはがきで届きます。

イベント 時期
登録申請 2月上旬
登録完了のお知らせ 3月上旬

あと37,000円。クソ高ぇ。


4. 士証交付申請

 ここまで来たらあと一息。ぼかぁ愛知県だったので、愛知県宅地建物取引業協会の事務所まで士証の交付申請を提出しに行きます。受付の方に書類を出してハイ終了。毎週火曜日までに申請すると、その週の金曜日に士証を発送してくれるそうです。僕は水曜日提出だったので、翌週の土曜日に家に書留で到着しました。長かった…!

イベント 時期
交付申請 3月上旬
士証明 3月中旬

あと4,000円。なんか最後は良心的に見える金額。


5. 終わりに

 結局、試験に合格するまでが一番大変で、「もーなんにもしたくない!」という燃え尽き症候群中に色々と書類を手配したり出かけたりするのが面倒ってのが大きいのかなぁ。ちなみに待ちに待った士証は紙をラミネートしただけのペラッペラッなカードで、なんかガッカリした。合計で60千円くらいはらったのになぁ・・・・。だからちょっと良いケースに入れてやろうかな。勤務先、宅建業者じゃないけど(なぜ登録したし)